シンポジウム情報 

『脳と情報シンポジウム2016』

2016年度のシンポジウムの開催が決定しました。
本シンポジウムは、研究者・学生の方を対象に行います。
学内、学外を問わず多数のご参加をお待ちしております。

◇終了しました 多数のご来場有難うございました◇


脳コミュニケーション研究センターでは、学内・学外を問わず様々な先進的共同研究を推進して参りました。これら活動の中間的な成果を学術的により高いレベルへと洗練し、また相互に研究交流を図ることを目的として、この度、研究交流シンポジウム「脳と情報シンポジウム2016」を開催させていただきます。

BC_sympo161102.png

  日時:平成28年11月2日(水)
      10:10~17:00(開場:9:40)

  会場:高知県香美市土佐山田町宮ノ口185
      高知工科大学 香美キャンパスC102教室

  定員・参加費:
      定 員:150名(事前申込制)
      参加費:無料

  講演:(敬称略 登壇順)
  「運動学習と身体意識:脳活動計測からのアプローチ」
   今水 寛 (東京大学大学院 人文社会系研究科 教授)

  「高度脳画像クラウドABIC構築に向けて」
   岩田 誠 (高知工科大学 総合研究所・情報学群 教授) 

  「脳コミュニケーション研究センターの活動」
   ポスターセッション

  「社会規範が変わるとき-説得の脳科学」
   松元 健二 (玉川大学 脳科学研究所 教授)

  「難治性うつ病に対する電気けいれん治療のメカニズム~エピジェネティクスと脳科学から~」
   森信 繁 (高知大学医学部 神経精神科学教室)



終了したシンポジウム

   ◇ 多数のご参加有難うございました ◇

2014年度 『脳と情報シンポジウム』

BC_sympo-141031-1.png

  日時:平成26年10月31日(金)
      10:30~17:30(開場:10:00)

  会場:高知県香美市土佐山田町宮ノ口185
      高知工科大学 C102教室

  定員・参加費:
      定 員:150名(事前申込制)
      参加費:無料

  講演:(敬称略 登壇順)
  「脳画像から心を読む」
   神谷 之康 (ATR 脳情報研究所 神経情報学研究室 室長)

  「脳活動パターンによる記憶表現」
   中原 潔 (高知工科大学 総合研究所・情報学群 教授) 

  「脳機能イメージングでさぐる脳の機能と構造の可塑性」
   四本 裕子 (東京大学大学院 総合文化研究科 准教授)

  「社会科学者から見た脳科学との接点」
   三船 恒裕 (高知工科大学 マネジメント学部・総合研究所 講師)

  「脳機能データへの機械学習アルゴリズムの適用」
   吉田 真一 (高知工科大学 情報学群 准教授)

  「安静時機能的結合に基づくマクロ的神経回路の描出」
   小西 清貴 (順天堂大学 医学部生理学第一講座 教授)

  指定討論者:(敬称略 五十音順)
   地村 弘二 (東京工業大学 精密工学研究所 特任准教授)
   朴   啓彰 (高知検診クリニック 脳ドックセンター長)
   松元 健二 (玉川大学 脳科学研究所 教授)
   宮崎 真  (山口大学 時間学研究所 教授)
   

シンポジウム『脳科学がもたらす未来社会』

  日時:平成24年6月29日(金)

BC_sympo-a120608-2.png

      13:00~16:00 シンポジウム

  会場:高知県香美市土佐山田町宮ノ口185
      高知工科大学 C102教室

  講演:
  「ブレインマシンインターフェースとfMRIニューロフィードバック」
   川人 光男 先生(ATR脳情報通信総合研究所 所長)

  「領域架橋的共同研究におけるMRIの役割」
   定藤 規弘 先生(自然科学研究機構生理学研究所 教授)

  「医工連携への期待:土佐の種を世界へ」
   菅沼 成文 先生(高知大学医学部 教授) 


添付ファイル: fileBC_sympo161102.png 1161件 [詳細] fileBC_sympo-141031-1.png 1454件 [詳細] fileBC_sympo-a120608-2.png 1688件 [詳細]