設立趣旨

脳科学と情報通信技術がもたらす未来社会

 脳コミュニケーション研究センター(Research Center for Brain Communication:BrainCom)は、脳科学と情報通信技術を核にして様々な学術領域の知見を高度に融合することによって、新しいコミュニケーション関連技術を創生するための学際的研究拠点として、平成24年4月に高知工科大学総合研究所に設置されました。

 BrainComでは、一人ひとりがより健やかで心豊かに暮らせる安全・安心な社会を実現するために
  (a) 人と人とのコミュニケーション
  (b) 人とマシンとのコミュニケーション
  (c) (脳型)マシン間のコミュニケーション
を円滑化できる技術の研究・開発を推進します。

 具体的には、MRIやEEG等の脳活動計測機器と超並列クラスタ(スーパーコンピュータ)とを超高速ネットワークを介して連携することによって、従来では困難であった領域の脳活動解析やモデリングをリアルタイムで実現し、かつ、その結果を各種刺激提示装置にフィードバックすることによって,新たな脳コミュニケーション技術の分野拓くことを目指しています。

 同時に、これらの脳活動計測・モデリング結果を大量にデータベースとして蓄積することによって、より高精度で汎用的なコミュニケーション支援を可能にし、健康・医療・福祉の充実や匠のスキルの伝承・教育、文化・芸術の理解などに貢献できる研究・開発を進めていきます。

 高知県は、高齢者人口の増加に伴い中山間地域の過疎化も著しく、健康・医療・福祉の充実や、伝統的文化の継承等、喫緊の課題を多く抱えています。

 このような地理的状況からのニーズと、世界最先端の科学技術とを融合して、グローバルに研究・開発を展開することを視野に入れています。その中で、人材ならびに情報を交流し連携することで、研究の推進と人材の育成を図り、地域に根差した教育・研究の場を作り、同時に、国際的研究の拠点となるよう取り組んでまいります。

 さらに、シンポジウム等を開催して、本研究センターの活動内容や研究成果、脳コミュニケーション科学に関する科学的啓発活動など積極的な情報発信にも務めていきたいと考えております。